むすこの同級生を増やしたい!天龍村・田舎で子育て

東京から長野県最南端・天龍村に移住し2年半。「ずくなし」(方言で面倒くさがりのようなニュアンスの意味)とあきれられた私も一児の母になりました。田舎での子育ての日々をありのままに綴ります。

保育園デビュー

f:id:namaharumaki003:20180411215402j:plain

むすこ氏、ついに保育園へ!

2歳になり、自分で「保育園いきたい」と言い出しました。保育園へ入るのは年少さんから、と思っていたのですがイヤイヤ期真っ盛りのむすこに怒ることしかできなくなっていてこりゃ辛いと感じていたところへこのセリフ。旦那と話して決めました。

保育園は何度か一時保育や保育園のイベントでお世話になっていたので慣れた場所。旦那が送るときに初めは泣けたけど、4日通ったら「もう泣かないよ」と宣言し、泣かなくなったそう。

都市の友達の話を聞くとこのあたりは保育園料が安い!!我が家は保育園料が1万ちょっと。毎日できたてを出してくれる美味しい給食の費用は村負担で0円!

そんな天龍保育園は今年は園児17名。むすこの同級生は3人。

とっても家計に優しくて、外を子どもと歩いているとみんなが声を掛けてくれる過ごしやすい村ですよ〜。ぜひ子育てしに来てください(o^^o)