むすこの同級生を増やしたい!天龍村・田舎で子育て

東京から長野県最南端・天龍村に移住し2年半。「ずくなし」(方言で面倒くさがりのようなニュアンスの意味)とあきれられた私も一児の母になりました。田舎での子育ての日々をありのままに綴ります。

出産の年の確定申告

確定申告って・・・?数字が大の苦手!な私。ママ友に出産が10万円越えたら申請すれば少しお金が返ってくると聞き、申請することに。

用紙はハローワークが送ってくれたよう。7月に「出産のための延長」をお願いしていたからかしら?(それもよくわかってない。。。)

6月まで仕事をしていたので「源泉徴収票」が職場(村役場)から送られてきた。それと年末までに受けた診察の領収書の束を握りしめ、だんなと坊を連れて相談へ。(だんなさんは転職前につき31連休中!)3月の初めの一週間は役場の隣の老人福祉センターに特設会場が設けられ、誰でも気軽に聞きに行け、そのまま提出できるのだ。

スタッフは二人しかいないが昼過ぎに行ったら相談者は誰もおらず、すぐに応対してくれ、丁寧にアドバイスをくれた。これは本当にありがたい。

私は東京にいるときに確定申告をしたことがないのでよく分からないが、だんなによると都会ではスタッフも多いが申請者ももっと多い。流れ作業で「ここが違うので書き直して下さい、はいっ次の方〜」とどこが違うかも聞かないと教えてくれないようだ。

 

結局、私の稼ぎが6月までしかなく税金もほぼかからないことが発覚。所得が多いだんなの名前で申請するといいとネットでちらっと読んだので聞いたところ、「逆にお金を払わないといけなくなる」とのこと。。なので申請せず!笑

でも高額医療費として今年の税金が少なくなるようです。

書いててやっぱりちっともようわからん。。。だめね。

写真はその日に撮った平岡ダム湖!水の色がきれいだった♡

f:id:namaharumaki003:20160406141526j:plain